男子バスケットボール部

ブログ再開!!

DATE : 2019/1/12

中大横浜男子バスケットボール部を応援してくださっているみなさま。

2019年最初の投稿となります。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

☆YOKOHAMA CUPのお知らせ

12月の1次トーナメントを見事勝ち抜き、2次トーナメントを戦います。精一杯戦いますので、温かいご声援をよろしくお願いします。

 

2019年1月27日(日)

新年最初の公式戦 YOKOHAMA CUP 2次トーナメント1回戦 対戦校:荏田高校

 

☆ブログも新たなステージへ

さて、現高校3年生のマネージャー2名が引退したため、公式戦の試合内容をお伝えする手段を失いつつあったわが中横男子バスケ部…

(どうすればよいのか…)

 

しかし…!

 

高校1年生のマネージャー三浦さんが、バスケ部の活躍を伝えてくれることになりました。

さっそく、昨秋の新人戦1回戦の内容を記録してくれています。

 

対 武相高等学校 74-54 (○)

 

今日がいよいよ新人戦。高校2年生は修学旅行明けで、「本調子」でないことは確かでした。しかし、少ない練習時間の中で確実にコンディションを上げていきました。
また、高校2年生不在の練習で、コーチMGは言いました。

 

「 高1は確実にレベルが上がった…」

初戦に向け、緊張とやる気を備えた彼ら。さて、どのような試合が展開されていくのでしょうか。

 

アップ終了の合図でタイマーがなり、試合が始まりました。

 

前半

マンツーマンディフェンスで相手をとらえ、気持ちの入ったオフェンスで着々と点を積み重ねていきました。相手校のファールが嵩みましたが、選手たちは冷静なプレーを見せ、流れが私たちに来ていました。ベンチと応援席とが一体となって、よい雰囲気で応援に熱が入っていました。

 

後半

相手校も落ち着きのあるプレーが増えてきました。点差はまだありましたが、徐々に点数を積み重ねてきます。そこで、もう一度流れを持ってきたのは、控えの選手の活躍でした。
高い身長を生かしてリバウンドをとり、チャンスをつくる選手、また、単調になっていたオフェンスに刺激を与えた選手。
流れが戻ってくるのがわかります!

 

そこで、もう1人勝利に大きく貢献してくれた選手がいました。スリーポイントシュート、フリースローを次々と決め、1人で得点の約半分である驚異の36点を取った高1の松本くん!

彼の活躍があってこその勝利であったと言えます。

 

勝利の中にも反省はあります。次戦までの1週間。どのように使っていくかが勝利への鍵となるでしょう!

男子バスケットボール部マネージャー 三浦

 

三浦さん、ありがとうございました。

これからも、胸が熱くなる試合レポートを書いてくれるはずです。今後もご期待ください。

 

今年の目標:ブログ記事をタイムリーにする!